2020年03月15日

彼岸桜の花器選び

3D4D1DF1-DB6F-4D9F-9BF5-31859E14278B.jpeg
花材:彼岸桜

3月の研究会は、背の高さほどある枝のしっかりした彼岸桜を使っていけました。今回のテーマは「花器選び」。花と同じくらい花器は重要で、色・重さ・形を考えながら選びました。

まず色はピンクの桜が映えるように青みがかった黒、形は桜を広げて満開したように美しく見せるように口が広いもの、桜の背の高さと角度がつくほど倒れやすいため重たい花器にしました。

3A3B076B-687C-40B5-8CEC-D0A478A4ECA4.jpeg
上から見た図。
向かって左側に重心がかかり過ぎて、剣山と一緒に枝が左側に倒れてきたため、

EF94E4E6-A835-4CAB-AE11-1570E7BAA9B8.jpeg
右側に月形の剣山を重しにして安定させました。
posted by みうら at 13:54| 研究会