2020年03月20日

【第2回】買出人章の本発行

前回までのあらすじ
さて、前回は昨年末に仮買出人章(有効期限2カ月)の発行をしたところまででした。
花きは月、水、金が切り花の日で、祝日でも金曜は開市です。3月ですが、市場にはもうあじさいやひまわりが並んでいました。

(1)買出人章の本発行
それからおよそ2カ月で買出人章の本発行が完了したと連絡があり、ハナメセナまで取りに行きました。(8時オープン)
EA393750-D339-418B-AC92-9831E7AFB94D.jpeg
仮発行は写真無しでしたが、本発行は写真付きで有効期限は2年間でした。
今後はこれを首にかけて花の仕入れをします。

買出人章の仮発行から申請を行うまでの間は、市場入り口にある受付で守衛さんに声を掛けて書類に必要事項を記入して市場内に駐車していました。市場に行くたびにこれをするのは時間が掛かるため、次は駐車許可を申請します。駐車の管轄は東京都になる為、ハナメセナから出て同じ2階の食堂の方にある東京都事務所(8:30オープン)へ向かいます。

(2)入場車両登録申請
買出人章の本発行が完了したら、次に車を市場内に駐車するための「花き部入場車両登録申請」をおこなうことができます。
5EB14D77-4E38-449A-B55F-8A796AC4E547.jpeg
申請書と車両登録時に添付する書類について

【全員】
1.車検証の写し


【買出人の方のみ】
2.花き事業及び関連事業を営んでいることが証明できるもの

@事業内容が確認できるもの
A確定申告書の写し(事業の「業種」が入っているところ)
B事業開始届の写し(個人・法人所行税等)
C店舗の賃貸借契約書
上記@〜Cのいずれか1点

私の場合はBで、開業届の業種欄にいけばな講師と記入して税務署に届け出をしているため、税務署の受理印がある開業届で通りました。

3.買出人章の方は、花き部入場車両登録申請書に取引先(仲卸業者店舗、関連資材販売店)の確認印を必ず受けたものに必要事項を記入して自分の印鑑を押したもの
以上の3点3が揃ったら、受付に提出します。

※ここで注意

提出したら1週間以内に取りに来ないと無効になってしまうそうです。
私は来週取りに来るの為、とりあえず今日はここまで手続きをしました。
82E27F05-431D-4FF1-999D-5A07EC951F68.jpeg
仲卸で購入したボロニアピンナタの鉢植え。ミカン科でハーブの様な香りがします。

花市場の話の続きは4月更新予定です。
【花市場の最新記事】
posted by みうら at 12:06| 花市場