2021年05月15日

令和3年 燕子花のお稽古

1CE18DCF-5CA7-4DA3-8587-60E435373815.jpeg
花材:カキツバタ、レンギョウ

B3C49CCE-A07C-46FB-9FAA-13EFAF84616F.jpeg
上から見た写真。

73801B74-C1E8-4E55-954C-6F1177442FC7.jpeg
横から見た写真。

教室に通い始めて10年目になります。3年くらい前からカキツバタをいけてみたいと親先生に相談していたのですが、カキツバタは花菖蒲とは異なり一般に販売されることが少なく、また花も高価。花市場の通販でも最低発注が6ハイ等、個人で利用するにはなかなか入手が難しい花材。
今回は、花屋さんが他の教室からの注文でまとまった数を仕入れる為、親先生がお願いして1ハイだけ注文してくださいました。

葉組みや花と葉の配置は花菖蒲とほぼ同じですが、カキツバタは花を葉より低く、手前に来る一の額が剣葉と言って長く鋭いのが特徴的です。
posted by ayako miura at 19:14| 伝統花材

2021年04月30日

令和3年自宅にて 花菖蒲

E5D53EE9-AC34-4C12-B3EE-557E437D2622.jpeg
自宅の玄関にて。

2F128CC1-22AE-45E2-A702-27FEC2C6DA6A.jpeg

8147B22F-874F-46FA-9204-65AE6D393AFE.jpeg
4年前の初節句の写真を発掘。

posted by ayako miura at 12:31| 伝統花材

2021年04月24日

令和3年 花菖蒲お稽古

F6917363-29D8-4C2D-9736-16E399D800D2.jpeg
花材:花菖蒲、ビヨウヤナギ

D5BBE115-0FED-4834-A3AA-368C925587C2.jpeg
横から見た写真。

毎年、端午の節句の前に教わっている花菖蒲のいけばな。去年は教室がお休みだった為、二年振りです。

07DC6E19-5222-48CD-BE2C-E0674566DA08.jpeg
水仙、花菖蒲、ハスなどはそれぞれいけ方に決まりがあります。お稽古で年に一度の頻度だと前はどうやっていけたか忘れてしまう為、毎年メモを書き足して自分でわかる様にしています。

菖蒲の花は二度咲き、ビヨウヤナギは黄色い花が咲くそうで、家でいけ直した時にも楽しめそうです。
posted by ayako miura at 21:02| 伝統花材